ロシアファンドはどうか? ロシア株ファンドの投資信託で資産運用

JPMロシア・東欧株fについて

海外投資をするならランキングで情報を集めよう!

大和証券のJPMロシア・東欧株ファンド(JPMロシア・東欧株f)をみてみましょう。

ロシアには豊かなエネルギー資源、東欧には高い教育水準に支えられた先進国化というテーマを持たせました。

ロシアは原油、天然ガスともに世界有数の生産量・埋蔵量を誇り、原油上昇により株価は上昇しています。

また、東欧諸国は西欧諸国との関係強化により、高い教育水準と低い労働賃金の労働力を活用し経済が発展しています。

それぞれエネルギー関連企業とインフラ・内需関連企業に注目をしています。

そのような観点からJPMロシア・東欧株fは、ロシア・東欧諸国に投資をします。

JPMロシア・東欧株fは原則的には為替ヘッジを行いません。

JPMロシア・東欧株fはJPモルガン・アセット・マネジメントリミテッドに委託し、ファンドの運用はロンドンとモスクワに拠点を設けます。

JPMロシア・東欧株fの手数料は、1000万円未満は3.15%、それ以上は2.10%等、徐々に安くなっています。

信託報酬は純資産総額に対して年率1.89%となっています。

うーむ、勉強になりました!というあなたはランキングの1クリックをお願いいたします

日本初のロシア資本の証券会社

海外投資をするならランキングで情報を集めよう!

拡大するロシア株式市場を反映し、日本でもロシアの証券会社「アルジゲート」が進出し、直接の窓口が開かれることが明らかになりました。

ロシア資本の証券会社である「アルジゲート(Aruji Gate)」は東京都内で営業を始めます。
これまで日本の証券会社ロシア株に直接売買を行うことができず、個人投資家レベルでは組み込み型の投資信託で間接的にしかロシアへの投資が行えなかったのです。

今回アルジゲートが日本国内で営業を開始することにより、同社を経由してロシア株や証券を直接購入することが可能になるという

ロシア資本の証券会社「アルジゲート」が直接窓口となりロシア株を日本に解放することで、これまで以上に多くの投資家の注目がロシア株に集まることでしょう。

東京都内に一箇所だけ証券会社をおく予定で、ネット取引サービスはやらないようです。このことは、ロシア株をネット取引で、と考えている方には残念なことです。

うーむ、勉強になりました!というあなたはランキングの1クリックをお願いいたします

東欧ロシアファンドについて

海外投資をするならランキングで情報を集めよう!

三菱UFJ証券の金融商品で東欧・ロシア株式ファンドを紹介します。

マザーファンド方式で、ABN AMROアセットマネジメントが東欧・ロシア株式ファンドの運用を担当しています。

この会社は、オランダの有力銀行の資産運用部門として、東欧・ロシア株式運用に実績があります。

ロシアは世界的なエネルギー資源などへの需要増加の恩恵を受け、実質GDP成長率は高水準で推移しており、ロシア株式ファンドの関心は高まっています。

株価の推移も東欧・ロシア株は右肩上がりで伸びいてます。

東欧・ロシア株式ファンドの一般コースの申し込みは、1万口以上1口単位か1万円以上1円単位です。

申し込み手数料は、ネットトレードの方が取引店などよりもぐっと安くなっています。

東欧・ロシア株式ファンドに限らず、エマージング諸国の株式ファンドの場合、クーデターや政治体制の変更など不測の事態も予想されます。市場・信用・流動性のリスクが大きくなることがあります。

うーむ、勉強になりました!というあなたはランキングの1クリックをお願いいたします

ロシアルーブルファンドとは?

海外投資をするならランキングで情報を集めよう!

ロシアルーブルファンドは、主にロシアの経済並びに有価証券市場の発展により値上がりが期待される、ロシアの証券取引所に上場されている企業の株式等(ロシア国外に上場する預託証券( DR )を含みます)へ投資し、中期的な値上がり益を享受することを目的とします。

ロシアルーブルファンドは、ロシアの株式(DRを含む)その他の有価証券に100%投資することを予定し、急速に成長するロシア経済、ロシア有価証券市場発展の恩恵を享受することを目指します。

ロシアルーブルファンドは、ロシア関連の資産に集中投資する画期的なファンドです。

ロシアルーブルファンドは、ルーブル建て株式等の投資を通じ、通貨ルーブルの価値上昇の恩恵を享受することを目指します。

ルーブル資産に積極投資する、日本で例をみないファンドです。

ロシアルーブルファンドは、ロシアに精通した現地コングロマリットのメトローポル・グループが、ファンドの投資助言及び最適なファンド運営のサポートを行います。

うーむ、勉強になりました!というあなたはランキングの1クリックをお願いいたします!

HSBCのロシア株ファンドをみよう

海外投資をするならランキングで情報を集めよう!

HSBC投信株式会社は日本初となるロシアの株式のみを投信対象としたロシア株ファンドHSBCロシアオープン」を設定しました。

HSBCロシア株ファンドは、HSBCロシアマザーファンドへの投資を通じて、主にロシア企業の発行する株式(ADR、GDR等を含む)、ロシアの現地株式、ロシア経済の発展と成長に係わる企業の発行する株式等に投資します。

HSBCロシア株ファンドの運用の委託先はHSBCグループ内のHalbis キャピタル・マネジメント(UK)リミテッドです。

HSBCロシア株ファンドの外貨建資産については、原則、為替ヘッジは行いません。

HSBCロシア株ファンドの特徴として、ロシア単独ではなく、ロシア東欧株等、ロシアを含めた複数の国々に投資を行うファンドは多いですが、ロシアのみを投資対象国としたファンドは珍しいです。

うーむ、勉強になりました!というあなたはランキングの1クリックをお願いいたします!

ロシア東欧株ファンドについて

海外投資をするならランキングで情報を集めよう!

ロシア東欧株ファンドは、新興国BRICsのRであるロシア、東欧株を対象にしたファンド(投資信託)です。

ロシア、東欧諸国の主要株価指標をみると、ロシアをトップとして、東欧圏も著しく上昇しています。

ロシアは、なんといっても世界有数の資源大国で、資源価格の高騰の恩恵を受けやすい経済構造が株価指標が伸びる要因といえます。

株式市場では、ロシア取引システム(RTS)の時価総額の約8割が資源株です。逆に、資源価格の下落がロシア株式市場のリスクといえます。

原油価格の下落によりロシア東欧株ファンドに影響が出てくることもあり得ます。

ロシア株同様に東欧株も上昇してるので、ロシア東欧株ファンドが人気で、東欧ロシア株式ファンド、SGロシア東欧株ファンド、JMPロシア・東欧株ファンド、HSBCロシアオープン、DWSロシア・欧州新興国株投信、シュローダー・ワールド・エマージング・オープン、みずほウエルズファーゴエマージング株式オープン、インベスコ欧州東方拡大株式ファンド、オーロラU東欧投資ファンドなどがあります。

うーむ、勉強になりました!というあなたはランキングの1クリックをお願いいたします!

ロシアファンドが人気?

海外投資をするならランキングで情報を集めよう!

ロシアファンドが人気のようです。
では、なぜ、ロシアファンドに人気があるかその背景を見たいと思います。

ロシア経済は、1998年の金融危機を乗り越え、成長軌道が続いている。資源・エネルギー価格の上昇の追い風を受け、財政状態は強化されている。原油高がGDP成長を押し上げており、6〜7%成長が続いている。

その反面、ロシアには政治的リスクも不安材料である。1991年ソビエト連邦の崩壊以降、ロシアは劇的な政治上および社会的な変動を経験し、現在もまだその途上にあります。つまり、市場主導型の民主主義的モデルへと急速に変貌する過渡期にロシアはあります。

豊富なエネルギー資源を背景に急速な伸びを見せるロシアであるが
一方で政治的な不安もあるロシア・・・

でも投資をするという意味では、絶好のチャンスと言えるのではないでしょうか?
その意味でロシアファンドが人気となっている理由もわかる気がします。

ここ最近になって、各証券会社ロシアファンドの組成が増えてきているのも、投資したいと思う投資家が増えているのがその理由だろう。

こんなロシアファンドですが、投資先にひとつ検討してはどうだろうか?

うーむ、勉強になりました!というあなたはランキングの1クリックをお願いいたします!
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。