ロシア経済の状況 ロシア株ファンドの投資信託で資産運用

ロシアに投資をするには?

海外投資をするならランキングで情報を集めよう!

ロシアはルーブルの安定化、好調なエネルギー輸出を背景に消費等内需をけん引役として、6%程度の成長が見込まれています。

東欧諸国も全体で5%の成長は可能と見られています。

原油高の恩恵、豊富な資源もあり、ロシア投資する日本企業も少なくないと思います。

投資においても、このところエマージング諸国への投資が盛んで、高い経済成長を見せている中国やアジア圏内の投資熱も高まっています。

ロシア株式市場で取引できるのは数百社で、天然ガス会社や石油会社など過半数を占め、全体の時価総額は約50兆円といわれています。

ロシア投資を考えている方、日本からはアルジゲート証券でロシア株の投資も可能です。

ただ、ロシアの国内情勢や投資などに関しての情報は潤沢とは言えず、原油価格の下落などの要因があった場合のリスクなどは当然頭に入れての投資をお勧めします。

うーむ、勉強になりました!というあなたはランキングの1クリックをお願いいたします

ロシア連邦外国貿易銀行を知ろう

海外投資をするならランキングで情報を集めよう!

ロシアには銀行融資やロシア企業による株式公募により、巨額の資金が流入してきています。

ロシア最大の石油会社ロスネフトが特に同国内への過剰資金流入に貢献しています。

ロスネフトは220億ドルの融資を受けてロシア大手石油会社ユコスから油田および製油所を購入しています。またロシア連邦外国貿易銀行はIPOを行い80億ドルの資金を集めました。

ロシア連邦外国貿易銀行が発表した報告書によると、2006年で年間420ドルの資金流入だったのに、2007年に入って5ヶ月間でロシア国内への資金流入額は450億ドルとなったという。

ロシア連邦外国貿易銀行の報告書では、「2007年上半期はインフレ規制が実現できていたが、下半期から問題をきたすおそれがある」と述べられていました。

また、ロシア連邦外国貿易銀行の報告書では、「ロシア国内への資本流入率は記録的な増加を遂げている」と述べられています。

ロシア政府は今年度インフレ率を8%にとどめることを目標にしているが、現状のままでは8%にとどまりそうにないという。インフレを抑制するために、ロシア中央銀行は同国主軸通貨ルーブルの切り上げを許可している。

日本ではロシア連邦外国貿易銀行向けバンクローンの供与が始まっています。日本からの輸出支援のためのクレジットラインが設定されました。

うーむ、勉強になりました!というあなたはランキングの1クリックをお願いいたします!

高い成長率を続けるロシア経済

海外投資をするならランキングで情報を集めよう!

2000年代に入ってからのロシア経済の高度成長の結果、国民所得は著しく向上しています。

一人当たりの実質GDPは2004年で28%、2005年には33%と高い成長率を示しています。

ロシア経済においても国民生活のライフラインの料金は、社会主義時代の名残から、安いものになっているので、国民の手に残る所得での消費も成長率高くなっています。

以前は存在しなかったローンの普及などで、国民の消費はとても活発で、小売売上高は右肩上がりの成長率を見ることができます。

ロシア経済が安定すると、当然ロシア国民生活も安定しいくるわけで、当然の成長率と見てよいでしょう。

ロシア株においても、昨今の原油高に支えられ、ロシア経済はエネルギー関連企業の高い成長率が目立ちます。

まだまだ可能性を秘めているロシア経済、ロシア株。
高い成長率に支えられ、発展し続けることで、より一層ロシア経済の安定をすることでしょう。

うーむ、勉強になりました!というあなたはランキングの1クリックをお願いいたします

プーチン政権によるロシア経済の復興

海外投資をするならランキングで情報を集めよう!

現在、ロシア経済は安定的な高成長が定着しつつあります。プーチン政権は石油価格高騰の追い風を受け、2006年からは非石油産業にも本格的に着手し始めました。

1990年、社会主義時代の統制経済から突然の市場経済への移行で価格の自由化され、財政赤字に対する緊縮政策の実施でロシア経済は壊滅的な打撃を受けました。

当時のエリツィン政権は、国家所有の企業や利権などを目の届くどころに点在させ、国民の富みをもたらすはずの民主的な政治をすることなく、国民の反感を買い、支持率は低下し、退任においやられました。

国際社会の仲間いりできるまでロシア経済復興させたのは、プーチン政権ですが、2000年からプーチン政権になり、すぐにロシア経済復興したわけではありませんが、政治の安定から経済の成長へ結びついたのは違いありません。

強気で責めるプーチン政権の政治手法には様々な批判は多いけれど、復興して国民生活の安定などで、プーチン政治改革を支持する向きは多数はを占めているのも事実です。

これから、プーチン政権の安定と経済復興をし続けるロシアですが、原油高の恩恵という後ろ盾があるからこそです。
ここにきて、非石油産業にも着手を始めたことで、復興の総仕上げとロシア経済の安定持続を望みます。

うーむ、勉強になりました!というあなたはランキングの1クリックをお願いいたします!

ロシア政治経済ジャーナルって何?

海外投資をするならランキングで情報を集めよう!

ロシア政治経済ジャーナルは、まぐまぐより発行されているメールマガジンです。

ロシア政治経済ジャーナルの発行者の北野幸伯氏によるロシアの政治経済を中心に国際政治の分析が行われています。

北野氏の略歴をみると、1996年モスクワ国際関係大学(ロシアKGB外交官養成学校)卒業とありますが、日本人としては1人目の卒業者です。同年よりカルムイキヤ自治共和国大統領顧問を歴任し、99年よりロシア政治経済ジャーナルを発行しています。

ロシア政治経済ジャーナルは、ロシア関係のメルマガでは日本一の発信数です。

ロシア政治経済ジャーナルの内容は、地政学的な観点から世界の姿を捉え、わかりやすく解説されています。

マスコミだけでは知ることのできない、きれいごとばかりではない、真実のロシアをみることができます。

うーむ、勉強になりました!というあなたはランキングの1クリックをお願いいたします!

ロシア経済の状況は?

海外投資をするならランキングで情報を集めよう!

ロシア経済の状況を見て見たいと思います!

ロシア経済は、資源産業以外の産業育成が遅れているため、自動車や情報通信などの分野で国際競争力のある外国企業を積極的に誘致しようとしています。

日本の投資呼び込みにも積極的です。2007年2月末には、日本の安倍晋三首相とロシアのフラトコフ首相は首脳会談を行い、日ロ経済関係の発展を確認しました。

日本は自動車産業の分野で、トヨタや日産などがロシアに進出する予定だが、今後は幅広い産業分野で日本企業がロシアに進出していくことが期待されます

懸念材料は、最近になってロシア経済において資源関連産業、航空産業、金融産業の国家管理色を強めていることです。

ロシア経済の不安な所としては、自由化の流れと逆行してこれらの分野への規制を強化していけば、外国企業の不信感が高まり、対内直接投資が伸び悩む要因にもなりうるでしょう。

いかがでしたでしょうか?ロシア経済は今後必要とされるエネルギー資源が豊富な所から、ここを最大限生かした経済活性を行って行く事でしょう?

これを踏まえてロシアへの投資をどう考えるかがポイントになります。

うーむ、勉強になりました!というあなたはランキングの1クリックをお願いいたします!
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。