ロシアの投資信託はどう? ロシア株ファンドの投資信託で資産運用

ロシア株と東欧株の人気の秘密は?

海外投資をするならランキングで情報を集めよう!

ロシア株東欧株に投資するファンドが相次いで登場しています。

背景には欧州連合(EU)の加盟国の東方拡大や、原油高の恩恵を受けて成長するロシア経済などがあります。

ロシア株が注目されている理由は、ロシアが高い経済成長の見込まれる「BRICs」の一つで、投資家に中国、インドの次はロシアとの期待感があるとの見方があります。

東欧株は、割安な人件費に着目して、西欧の企業を中心に生産拠点を3国に移す動きが目立っており、雇用機会の増大で経済の拡大が見込まれています。

ロシア・東欧株に関心が高まる中、野村アセットマネジメントは、東欧を中心に、通信や銀行など基幹産業の約30銘柄を選んで「オーロラ2『東欧投資ファンド』」を運用しています。

ソシエテジェネラルアセットマネジメントは2007年3月、「SGロシア東欧株ファンド」を設定した。ロシア企業の株価が今後も上昇する可能性などを重視しています。

UBSグローバル・アセット・マネジメントは2007年6月から、「日興拡大欧州株式ファンド」を運用しています。同社のアナリストが各国の企業を直接訪れ、投資対象として適切かどうかを決めています。

うーむ、勉強になりました!というあなたはランキングの1クリックをお願いいたします

HSBCロシアオープンとは?

海外投資をするならランキングで情報を集めよう!

HSBC投信株式会社は日本初となるロシア株のみを投資対象とした追加型株式投資信託「HSBCロシアオープン」を設定しました。

ロシアは近年、原油高の恩恵を受け、大幅な貿易黒字を形状、外貨準備高も世界第三位に入るほど、大国として安定した地位に復帰してきました。

反面、ロシア株式市場の株価水準は割安な水準となっています。

国力が力を付け始めてきているので、今は割安なロシア株価はこれからの上昇を期待させるものだと考えられます。

HSBCロシア株ファンドは、この上昇に着目し、あえてロシア一国のみの投資をしています。

運用は、Halbisキャピタル・マネジメントでHSBCグループに属する資産運用会社で、エマージング市場の運用では長い経験と実績を持っています。

HSBCロシアオープン」は、ロシア株だけではなく、ロシア経済発展に関わる企業の投資もします。

HSBCロシアオープン」のベンチマークはMSCIロシア10/40指数(円ベース)を利用します。外貨建資産については、原則としたヘッジは行わず、運用はファミリーファンド方式です。

うーむ、勉強になりました!というあなたはランキングの1クリックをお願いいたします

ロシア株の投資信託はどう?

海外投資をするならランキングで情報を集めよう!

日本でのロシア株・東欧株関連の投資信託の残高は、前年に比べ飛躍的に伸びています。

日本で取り扱っているロシア株投資信託は、

オーロラ2:東欧投資ファンド、SGロシア東欧株ファンド、インベスコ欧州北方拡大株式ファンド、東欧諸国株式ファンド、JPMロシア・東欧株ファンド、DWSロシア・欧州新興国株投信などです。

ロシア株だけでなく、東欧諸国の株も一緒に投資をする投資信託が多いです。

豊富な天然資源や産油国であるロシアは、この地下資源がロシア経済に多大な恩恵を与えます。

ロシア株への投資額は年々増えています。BRICsといわれる新興国人気は根強いです。

新興国への投資は高い経済成長を享受するということですが、注意点もいくつかあります。

ロシア株等の投資信託は価格変動リスクの大きさに影響されます。
投資信託をする際には、資金に余裕を持ちたいですね。

うーむ、勉強になりました!というあなたはランキングの1クリックをお願いいたします

ロシア株ファンドの紹介

海外投資をするならランキングで情報を集めよう!

HSBC投資信託ではロシア株式ファンド「HSBCロシアオープン」を設定しました。

今まで、日本には東欧・ロシア、ロシア・欧州株ファンド等、ロシアを含めた複数国に投資を行うファンドは存在していますが、ロシア株ファンドのようにロシアのみを投資対象とするファンドは日本初となります。

ロシア株ファンド「 HSBCロシアオープン」の特色として、ロシア企業の株式、ADR、GDRを主な投資対象とします。

ロシア株ファンド「 HSBCロシアオープン」はトップダウン、ボトムアップの双方を併用した、アクティブ運用を行います。

ロシア株ファンド「 HSBCロシアオープン」のベンチマークはMSCI10/40指数を利用します。

ファリーファンド方式で運用を行い、運用はイギリスのHalbisキャピタル・マネジメントが行います。

外貨建資産については原則としてヘッジは行いません。

うーむ、勉強になりました!というあなたはランキングの1クリックをお願いいたします

ロシア株投資信託について

海外投資をするならランキングで情報を集めよう!

投資信託とは、多数の投資家が資産運用会社に資金を預け、投資信託会社が投資をし、運用で得た利益を投資家に分配する金融商品です。

国内の低金利政策のため、預貯金をするよりも、投資信託の方が利益があがると考えるのは妥当なことです。

国内ばかりではなく、外国株の投資信託もありますが、その中でもロシア株投資信託が人気です。

ロシアは豊富な資源、これからの経済成長が望めるロシア株、東欧株への投資は、注目です。

また、原油国であり、原油高を受け、エネルギー関連企業が急成長しています。ですから、ロシア株投資信託への期待も高まります。

証券会社でも、ロシア株投資信託の商品を取り扱っています。

ただ、ロシア株投資信託に限らず、金融商品に関しては、カントリーリスクや為替リスクなどの考慮は必要です。

うーむ、勉強になりました!というあなたはランキングの1クリックをお願いいたします!

ロシアの投資信託について

海外投資をするならランキングで情報を集めよう!

日本でのロシア・東欧関連の投資信託の残高は、個人を中心に伸びています。

ロシア・東欧の株式市場では、ロシアが石油関連銘柄の比重が強く、ポーランドやハンガリー、チェコなどでは銀行や通信関連銘柄が組み入れられているようです。

ポーランドやチェコなどの株式市場は時価総額が数兆円ですから、海外資金の動きが株価に影響されやすいです。

ロシア・東欧に限らず新興国の投資信託は増えています。

注意したい点として、価格変動リスクがあります。
新興国市場は全般に市場規模が小さくて株価は大きく動きがちです。

世界的な金利上昇懸念が強まった2006年の春には、短期間で2割近く下落したインド株投資信託等もありました。

あと注意したいのは、運用コストです。
国内投資信託会社のファンドでも海外に運用委託している場合がありますが、現地事情に詳しい運用会社のノウハウを活用する分だけコストがかかります。

ロシア投資信託等の年間運用手数料を確認してから始めましょう。

うーむ、勉強になりました!というあなたはランキングの1クリックをお願いいたします!

JPMロシア・東欧株ファンドについて

海外投資をするならランキングで情報を集めよう!

JPMロシア・東欧株ファンドとは、大和証券の投資信託の商品です。

JPMロシア・東欧株ファンドは、主としてロシア・東欧の株式に投資を行います。また、それ以外の諸国にも投資を行います。

JPMロシア・東欧株ファンドは、原則として、為替ヘッジは行いません。

JPMロシア・東欧株ファンドの委託会社は運用の指図に関する権限をJPモルガン・アセット・マネジメント(UK)リミテッドに委託します。ファンドの運用は、ロンドンに加えて、モスクワの運用拠点も活用します。

JPMロシア・東欧株ファンドは主に海外の株式を投資対象としています。組み入れた株式の株価の下落や、それら株式の発行者の信用状況の悪化等の影響により基準価額が下落し、損失を被ることがあります。

うーむ、勉強になりました!というあなたはランキングの1クリックをお願いいたします

ドイチェ・ロシア東欧株式ファンドとは?

海外投資をするならランキングで情報を集めよう!

ドイチェ・ロシア東欧株式ファンドとは、東欧株式マザーファンド受益証券への投資を通じて、信託財産の中長期的な成長をめざして運用を行います。

ドイチェ・ロシア東欧株式ファンドは主な投資対象国であるロシア・東欧諸国(トルコ・ポーランド・ハンガリー・チェコ)の高成長をとらえた運用の実現を目指します。

ドイチェ・ロシア東欧株式ファンドは欧州投資信託市場のパイオニアとして評価の高いDWSが、ロシア・東欧諸国の株式市場の有望銘柄を発掘し、投資を行います。

ドイチェ・ロシア東欧株式ファンドは原則として為替ヘッジは行いません。

ドイチェ・ロシア東欧株式ファンドの信託期間は無期限、決算は原則として毎年5月18日、11月18日です。

収益配分し原則として年2回の決算日に収益分配方針に基づいて分配を行います。

うーむ、勉強になりました!というあなたはランキングの1クリックをお願いいたします!

ロシアへの投資信託はどうか?

海外投資をするならランキングで情報を集めよう!

ロシアへの投資信託とはどうでしょうか?

海外からロシアへの直接投資額が急増しています。ロシアへの対内直接投資は、98年に金融危機が発生した後、2002年まで低迷していましたが、2003年以降は急増傾向にあります。

このロシア急成長の恩恵を得る為に、ロシアへの投資信託を購入するのも一つの手だと言えます。

このロシアの投資信託を購入する為に、ロシアの経済概況を少しお話しておきます!

ロシア中央銀行の統計によると、2006年の対内直接投資額は前年比+93.8%の287.3億ドルに達しました。直接投資が拡大している背景には、原油や天然ガスなど国際的な資源価格の高騰を追い風にロシアが高成長を続けていることがあります。

ロシアの実質経済成長率は、2006年に前年比+6.9%の高い伸びを記録したとみられます。
今後、ロシアのWTO(世界貿易機関)加盟が実現すれば、法制度や行政手続きの透明度が高まるとみられ、ロシアへの直接投資額はさらに拡大する可能性が高いロシアは、WTO加盟について2006年11月に難色を示していた米国との基本合意に達しました。

これにより、早ければ2007年中にWTO加盟が実現するでしょう。

WTOの加盟があれば、最近ではベトナム株の急上昇に見られたようにロシア株式市場も急速に伸びて行く可能性があります。

この為、ロシアへの投資として投資信託を購入する事はかなり有効と言えそうです。

どうですかロシアへの投資信託は?
かなり面白い投資先ではないかと思います。

うーむ、勉強になりました!というあなたはランキングの1クリックをお願いいたします!
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。