SGロシア東欧株ファンドとは? ロシア株ファンドの投資信託で資産運用

ロシア株とエース証券

エース証券でのロシア株投資といえば『SG ロシア東欧株ファンド』です。

エース証券では、直接ロシア株には投資はできません。他の証券会社でもロシア株投資できるというところは少なく、エース証券も決して例外ではありません。

しかし、ファンドという形で、ロシア株投資が可能です。

あらゆる可能性を持つロシア株、近い将来、エース証券からロシア株へ直接投資が可能と考え、今はSGロシア東欧株ファンドに投資してみましょう。

資料請求はエース証券まで。

ロシア株投資はどう?

海外投資をするならランキングで情報を集めよう!

エマージング圏への株式投資が賑わいを見せています。

中国、ベトナムあたりは、既に高くなりつつありますが、いわゆる穴場的な存在なのがロシア株投資です。

ロシア政府はロシア株投資促進のため投資環境をすすめています。特にロシア株式市場へのIPOを簡略化し、やりやすいロシア株投資を目指しています。

ロシア株価指数は大幅な伸びを示しており、2005年にはロシア株は76.6%の上昇となり、特に世界的な資源高の影響もあり、資源輸出が大きなロシア株は続伸しています。

資源ばかりではなく、インフラなど広大な領土を多い人口を支える業種、食料品や通信インフラを支える企業なども注目されています。

ロシア株投資先は発掘してみると、まだまだ出てきそうです。

国内に居てロシア株投資の環境はまだ完全には整っていませんが、ロシア株を扱っている証券会社はあります。

ロシア株投資を考えてみてはいかがですか?

うーむ、勉強になりました!というあなたはランキングの1クリックをお願いいたします

ロシア株と中国上海株

海外投資をするならランキングで情報を集めよう!

中国株にはA株とB株があります。

B株とは、中国国内で上場され、中国B株市場で取引される株式のことを指します。

B株取引は、上海株は米ドル建て、深セン株は香港ドル建てで、中国の国外投資家向けの市場となっていましたが、2001年2月からは国内投資家にも開放されました。

B株市場に上場する銘柄数は110社(上海株54社、深セン株56社)。
市場別の時価総額は、上海株が約7000億円、深セン株が約5000億円となっています。

日本で上海株を含む中国株を扱っている証券会社は数多くありますが、ロシア株となると証券会社の数が少なくなります。

中国の経済成長は目覚しいものがありますが、ロシアも負けてはいませんが、マーケット的にも中国株式市場のほうがロシア株市場よりも大きいです。

ロシア株を直接売買できる証券会社も東京に進出したほか、ロシア株市場は拡大しています。これからロシア株を扱う証券会社は増加することと思います。

上海株などの中国株、ロシア株ともに今後とも伸びていく可能性の高い市場あることは確かです。

これからは、そのほかの新興国の株を扱う証券会社も増えることでしょう。

うーむ、勉強になりました!というあなたはランキングの1クリックをお願いいたします

DWSロシア欧州新興国株投信とは?

海外投資をするならランキングで情報を集めよう!

DWSロシア欧州新興国株投信とは、DWSロシア・欧州新興国投信・マザーファンド受益証券への投資を通じて、ロシア・チェコ・トルコ・ハンガリー、ポーランドのいずれかで上場または取引されている株式を主要投資対象とし、信託財産の中長期的な成長を目指して運用を行います。

DWSロシア欧州新興国株投信は高い経済成長が期待されているロシア・欧州新興国を主要投資対象国として、それらの国々の高成長を捕らえた運用の実現を目指します。

DWSロシア欧州新興国株投信は株式市場や産業・企業を熟知した専門家チームで有望銘柄を発掘します。

DWSロシア欧州新興国株投信は外貨建資産については、原則として為替ヘッジを行いません。

DWSロシア欧州新興国株投信の手数料は、上限を3.15%としています。

うーむ、勉強になりました!というあなたはランキングの1クリックをお願いいたします

外国人投資制限撤廃!

海外投資をするならランキングで情報を集めよう!

国有企業の民営化が進み、ロシア株式市場には独自の特徴があります。

ロシア国内の株式市場は流動性が低いため、外国人投資家に対しては制限がありましたが、優先株と預託証券という手段で、外国人投資制限をなくしました。

以前は、ロシアでは外国からの投資は複雑で、ロシア政府はロシア株外国人投資制限を設けていました。

こうした外国人投資家制限は、銀行、保険、マスメディア、空運、陸運、農地などのセクターに適用されていました。

外国人投資家も政治安定性、コーポレート・ガバナンス、市場規制、市場への政府の関与などの点でロシアの資本市場の健全性に不安を抱いていました。

これらの要因の結果、ロシア株の取引の大部分は米国預託証券、グローバル預託証券の形で行われています。

又、日本で日系証券でロシア株を取り扱うようになり、情勢も変わりつつあります。

今、ロシア市場はエネルギー関連株を中心に成長を続けています。
経済が豊かになり、今後は消費やインフラ整備といったまだ注目されていないセクターが買われてくるでしょう。それだけに極めて魅力ある市場といえます。

ロシア株外国人制限撤廃は、外国人投資家がロシア株を買ういいチャンス到来ですね。

うーむ、勉強になりました!というあなたはランキングの1クリックをお願いいたします

ロシア東欧株ファンドの中味は?

海外投資をするならランキングで情報を集めよう!

今、新しい投資先として、「BRICs」市場が注目されています。
「BRICs」とは、ブラジル、ロシア、インド、中国の国名の頭文字を集めて作った造語です。

その中でもロシアと東欧諸国を見てみましょう。

広大な国土に潤沢な地下資源が眠っています。世界でも有数な原油国のロシアを投資家は注目しています。

また、東欧諸国についてもポーランド、チェコ、ハンガリのEU加盟を機に、経済の拡大が見込まれています。

ソシエテジェネラルアセットマネジメントのロシア東欧株ファンドを紹介します。

ロシア東欧株ファンドは、ロシア・東欧10カ国で事業展開を行う企業に投資し、長期的な信託財産の成長を目指しています。

ロシア東欧株ファンドは、ルクセンブルグ籍の投資信託証券「SGAM Fund エクイティーズ イースタン ヨーロッパ」と「SGAM Fund マネー マーケット(ユーロ)」に投資します。

ロシア東欧株ファンドは、原則として為替ヘッジは行いません。

高い経済成長が期待されるロシア・東欧諸国ですから、ロシア東欧株ファンドも期待できます。

うーむ、勉強になりました!というあなたはランキングの1クリックをお願いいたします!

東欧・ロシア株式ファンドって何?

海外投資をするならランキングで情報を集めよう!

三菱UFJ投資信託の商品に東欧・ロシア株式ファンドがあります。

三菱UFJ投資信託の東欧・ロシア株式ファンドは、主として今後高い成長が期待される、東欧諸国ならびにロシアの株式に投資し、中長期的な信託財産の成長をめざします。

三菱UFJ投資信託の東欧・ロシア株式ファンドの運用は「ファミリーファンド方式」により行い、「東欧・ロシア株式マザーファンド受益証券」への投資を通じて、東欧諸国ならびにロシアの株式等への実質的投資を行います。

このほか、東欧・ロシア株式ファンドで直接投資を行う場合があります

マザーファンドの運用にあたっては、東欧・ロシア株式運用に実績のある、オランダのABN AMRO アセットマネジメントが担当します。

三菱UFJ投資信託の東欧・ロシア株式ファンドのリスクとして、市場リスク、信用リスク、流動性リスクが考えられます。

特に為替変動リスクについては、三菱UFJ投資信託の東欧・ロシア株式ファンドは、実質的に外貨建資産に投資し、原則として為替ヘッジを行いませんので、為替変動の影響を受けることとなります。

うーむ、勉強になりました!というあなたはランキングの1クリックをお願いいたします!

東欧ロシア株式ファンドとは?

海外投資をするならランキングで情報を集めよう!

東欧ロシア株ファンドとはなんでしょうか?

主として今後高い成長が期待される、東欧諸国ならびにロシアの株式(預託証書(DR)を含みます。)等※に投資し、中長期的な信託財産の成長をめざします。

ポーランド、チェコ、ハンガリーなどの東欧諸国は、EU加盟などを背景に、西欧のユーロ圏を上回るペースで成長しています。

世界的なエネルギー資源などへの需要増加の恩恵を受け、ロシアの実質GDP成長率は高水準で推移しています。

相対的に高い経済成長が見込まれる東欧・ロシアはユーロ圏と比較して、高い経済成長が見込まれます。

このように東欧、ロシアの経済成長から東欧ロシア株ファンドの注目度がうかがわれます。

東欧ロシア株ファンドは、株式を実質的な主要投資対象としており、株式の投資に係る価格変動リスクを伴います。一般に、株式の価格は個々の企業の活動や業績、市場・経済の状況等を反映して変動するため、当ファンドはその影響を受けます。
東欧ロシア株ファンドは、実質的に外貨建資産に投資し、原則として為替ヘッジを行いませんので、為替変動の影響を受けます。

東欧ロシア株ファンドのマザーファンドは、オランダを本拠地とする欧州の有力銀行であるABN AMRO銀行の資産運用部門として1933年から業務開始。

世界30カ国に拠点を設け、グローバルに業務を展開しています。2004年12月末現在、1,568人の従業員を擁し、運用残高は約22兆円にのぼります。

東欧・ロシア株式での運用残高は約658億円、7名の運用チームが運用を担当します(2005年5月末現在)。

うーむ、勉強になりました!というあなたはランキングの1クリックをお願いいたします!

SGロシア東欧株ファンドとは?

海外投資をするならランキングで情報を集めよう!

SGロシア東欧株ファンドとはなにか?

まず、SGとはsosiete generaleの略である。

このファンドではロシア・東欧諸国の市場に上場している株やDR(預託証書)を中心に、ロシア・東欧諸国で事業展開をおこなう企業が主要な投資対象。ファンド・オブ・ファンズ形式です。

SGロシア東欧株ファンドの運用は、ソシエテジェネラルアセットマネジメントUK(ロンドン)。

投資先ファンドには、ルクセンブルグ籍の投資信託証券「SGAM Fund エクイティーズ イースタン ヨーロッパ」と「SGAM Fund マネー マーケット(ユーロ)」を選定しています。
ロシア・東欧株への実質的な投資は「SGAM Fundエクイティーズ イースタン ヨーロッパ」を通じて行うとのことです。
原則として円に対する為替ヘッジはなし。

申込手数料は100万口未満 3.15%(税込)。
※3.675%を上限に販売会社が決定します。

信託報酬は純資産総額に対して年率0.92925%(税抜き0.88500%)。
他に監査費用等として純資産の0.05%。
上記以外にに投資先ファンド2本の信託報酬がかかるのも忘れてはいけません。
信託財産保留額は0.3%。

ロシア・東欧諸国は、1999年以降GDP成長率はプラスに転じ、その後も高成長を維持しています。よって、ロシア株も注目を浴びています。

石油、石炭、天然ガス資源がロシア経済を支えています。動きが変わりやすい銘柄なので、株の動向にも注意が必要といえます。

うーむ、勉強になりました!というあなたはランキングの1クリックをお願いいたします!
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。