ロシア株と中国上海株 ロシア株ファンドの投資信託で資産運用

ロシア株と中国上海株

海外投資をするならランキングで情報を集めよう!

中国株にはA株とB株があります。

B株とは、中国国内で上場され、中国B株市場で取引される株式のことを指します。

B株取引は、上海株は米ドル建て、深セン株は香港ドル建てで、中国の国外投資家向けの市場となっていましたが、2001年2月からは国内投資家にも開放されました。

B株市場に上場する銘柄数は110社(上海株54社、深セン株56社)。
市場別の時価総額は、上海株が約7000億円、深セン株が約5000億円となっています。

日本で上海株を含む中国株を扱っている証券会社は数多くありますが、ロシア株となると証券会社の数が少なくなります。

中国の経済成長は目覚しいものがありますが、ロシアも負けてはいませんが、マーケット的にも中国株式市場のほうがロシア株市場よりも大きいです。

ロシア株を直接売買できる証券会社も東京に進出したほか、ロシア株市場は拡大しています。これからロシア株を扱う証券会社は増加することと思います。

上海株などの中国株、ロシア株ともに今後とも伸びていく可能性の高い市場あることは確かです。

これからは、そのほかの新興国の株を扱う証券会社も増えることでしょう。

うーむ、勉強になりました!というあなたはランキングの1クリックをお願いいたします
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。