ロシア株と東欧株の人気の秘密は? ロシア株ファンドの投資信託で資産運用

ロシア株と東欧株の人気の秘密は?

海外投資をするならランキングで情報を集めよう!

ロシア株東欧株に投資するファンドが相次いで登場しています。

背景には欧州連合(EU)の加盟国の東方拡大や、原油高の恩恵を受けて成長するロシア経済などがあります。

ロシア株が注目されている理由は、ロシアが高い経済成長の見込まれる「BRICs」の一つで、投資家に中国、インドの次はロシアとの期待感があるとの見方があります。

東欧株は、割安な人件費に着目して、西欧の企業を中心に生産拠点を3国に移す動きが目立っており、雇用機会の増大で経済の拡大が見込まれています。

ロシア・東欧株に関心が高まる中、野村アセットマネジメントは、東欧を中心に、通信や銀行など基幹産業の約30銘柄を選んで「オーロラ2『東欧投資ファンド』」を運用しています。

ソシエテジェネラルアセットマネジメントは2007年3月、「SGロシア東欧株ファンド」を設定した。ロシア企業の株価が今後も上昇する可能性などを重視しています。

UBSグローバル・アセット・マネジメントは2007年6月から、「日興拡大欧州株式ファンド」を運用しています。同社のアナリストが各国の企業を直接訪れ、投資対象として適切かどうかを決めています。

うーむ、勉強になりました!というあなたはランキングの1クリックをお願いいたします
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。