ロシアの外国人の株投資制限について ロシア株ファンドの投資信託で資産運用

ロシアの外国人の株投資制限について

海外投資をするならランキングで情報を集めよう!

ロシアでは、外国人への投資制限というのは、特にありませんが、ロシア国民、外国人の投資家を問わず、発行体企業の発行済み株の10%以上を取得した投資家は連邦独占禁止局への報告が義務付けられております。

また20%以上の株取得を目指すロシア国民、外国人投資家は事前に同局および連邦金融市場局からの許可を取得することが義務付けられております。また、一部の公益産業への投資制限があります。

ロシア外国人投資について、1999年7月9日付連邦法160-FZ号(外国投資法)第4条1項は、外国人投資家に関して、国内企業に対して与えている待遇より不利でない待遇を許与しなければならないとしています。外国人に対する投資制限をなくしました。

ロシア外国人に対して、入国・滞在、証券口座開設、銀行口座開設の制限はないですが、外国資本への投資制限、外貨送金、資料などでの英語の通用、ネットでの企業情報の入手などは制限があります。

そのものも取得も出来ない企業もあります。外国人が株取得に関する制限は全面的に直接的な禁止というよりは、制約規定が多いように感じます。

ロシア株取得の際は、考慮してみましょう。

うーむ、勉強になりました!というあなたはランキングの1クリックをお願いいたします!


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。