プーチン政権によるロシア経済の復興 ロシア株ファンドの投資信託で資産運用

プーチン政権によるロシア経済の復興

海外投資をするならランキングで情報を集めよう!

現在、ロシア経済は安定的な高成長が定着しつつあります。プーチン政権は石油価格高騰の追い風を受け、2006年からは非石油産業にも本格的に着手し始めました。

1990年、社会主義時代の統制経済から突然の市場経済への移行で価格の自由化され、財政赤字に対する緊縮政策の実施でロシア経済は壊滅的な打撃を受けました。

当時のエリツィン政権は、国家所有の企業や利権などを目の届くどころに点在させ、国民の富みをもたらすはずの民主的な政治をすることなく、国民の反感を買い、支持率は低下し、退任においやられました。

国際社会の仲間いりできるまでロシア経済復興させたのは、プーチン政権ですが、2000年からプーチン政権になり、すぐにロシア経済復興したわけではありませんが、政治の安定から経済の成長へ結びついたのは違いありません。

強気で責めるプーチン政権の政治手法には様々な批判は多いけれど、復興して国民生活の安定などで、プーチン政治改革を支持する向きは多数はを占めているのも事実です。

これから、プーチン政権の安定と経済復興をし続けるロシアですが、原油高の恩恵という後ろ盾があるからこそです。
ここにきて、非石油産業にも着手を始めたことで、復興の総仕上げとロシア経済の安定持続を望みます。

うーむ、勉強になりました!というあなたはランキングの1クリックをお願いいたします!


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。