ロシアの投資信託について ロシア株ファンドの投資信託で資産運用

ロシアの投資信託について

海外投資をするならランキングで情報を集めよう!

日本でのロシア・東欧関連の投資信託の残高は、個人を中心に伸びています。

ロシア・東欧の株式市場では、ロシアが石油関連銘柄の比重が強く、ポーランドやハンガリー、チェコなどでは銀行や通信関連銘柄が組み入れられているようです。

ポーランドやチェコなどの株式市場は時価総額が数兆円ですから、海外資金の動きが株価に影響されやすいです。

ロシア・東欧に限らず新興国の投資信託は増えています。

注意したい点として、価格変動リスクがあります。
新興国市場は全般に市場規模が小さくて株価は大きく動きがちです。

世界的な金利上昇懸念が強まった2006年の春には、短期間で2割近く下落したインド株投資信託等もありました。

あと注意したいのは、運用コストです。
国内投資信託会社のファンドでも海外に運用委託している場合がありますが、現地事情に詳しい運用会社のノウハウを活用する分だけコストがかかります。

ロシア投資信託等の年間運用手数料を確認してから始めましょう。

うーむ、勉強になりました!というあなたはランキングの1クリックをお願いいたします!


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。