東欧ロシア株式ファンドとは? ロシア株ファンドの投資信託で資産運用

東欧ロシア株式ファンドとは?

海外投資をするならランキングで情報を集めよう!

東欧ロシア株ファンドとはなんでしょうか?

主として今後高い成長が期待される、東欧諸国ならびにロシアの株式(預託証書(DR)を含みます。)等※に投資し、中長期的な信託財産の成長をめざします。

ポーランド、チェコ、ハンガリーなどの東欧諸国は、EU加盟などを背景に、西欧のユーロ圏を上回るペースで成長しています。

世界的なエネルギー資源などへの需要増加の恩恵を受け、ロシアの実質GDP成長率は高水準で推移しています。

相対的に高い経済成長が見込まれる東欧・ロシアはユーロ圏と比較して、高い経済成長が見込まれます。

このように東欧、ロシアの経済成長から東欧ロシア株ファンドの注目度がうかがわれます。

東欧ロシア株ファンドは、株式を実質的な主要投資対象としており、株式の投資に係る価格変動リスクを伴います。一般に、株式の価格は個々の企業の活動や業績、市場・経済の状況等を反映して変動するため、当ファンドはその影響を受けます。
東欧ロシア株ファンドは、実質的に外貨建資産に投資し、原則として為替ヘッジを行いませんので、為替変動の影響を受けます。

東欧ロシア株ファンドのマザーファンドは、オランダを本拠地とする欧州の有力銀行であるABN AMRO銀行の資産運用部門として1933年から業務開始。

世界30カ国に拠点を設け、グローバルに業務を展開しています。2004年12月末現在、1,568人の従業員を擁し、運用残高は約22兆円にのぼります。

東欧・ロシア株式での運用残高は約658億円、7名の運用チームが運用を担当します(2005年5月末現在)。

うーむ、勉強になりました!というあなたはランキングの1クリックをお願いいたします!


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。