SGロシア東欧株ファンドとは? ロシア株ファンドの投資信託で資産運用

SGロシア東欧株ファンドとは?

海外投資をするならランキングで情報を集めよう!

SGロシア東欧株ファンドとはなにか?

まず、SGとはsosiete generaleの略である。

このファンドではロシア・東欧諸国の市場に上場している株やDR(預託証書)を中心に、ロシア・東欧諸国で事業展開をおこなう企業が主要な投資対象。ファンド・オブ・ファンズ形式です。

SGロシア東欧株ファンドの運用は、ソシエテジェネラルアセットマネジメントUK(ロンドン)。

投資先ファンドには、ルクセンブルグ籍の投資信託証券「SGAM Fund エクイティーズ イースタン ヨーロッパ」と「SGAM Fund マネー マーケット(ユーロ)」を選定しています。
ロシア・東欧株への実質的な投資は「SGAM Fundエクイティーズ イースタン ヨーロッパ」を通じて行うとのことです。
原則として円に対する為替ヘッジはなし。

申込手数料は100万口未満 3.15%(税込)。
※3.675%を上限に販売会社が決定します。

信託報酬は純資産総額に対して年率0.92925%(税抜き0.88500%)。
他に監査費用等として純資産の0.05%。
上記以外にに投資先ファンド2本の信託報酬がかかるのも忘れてはいけません。
信託財産保留額は0.3%。

ロシア・東欧諸国は、1999年以降GDP成長率はプラスに転じ、その後も高成長を維持しています。よって、ロシア株も注目を浴びています。

石油、石炭、天然ガス資源がロシア経済を支えています。動きが変わりやすい銘柄なので、株の動向にも注意が必要といえます。

うーむ、勉強になりました!というあなたはランキングの1クリックをお願いいたします!


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。