ロシア・欧州新興国株投信とは? ロシア株ファンドの投資信託で資産運用

ロシア・欧州新興国株投信とは?

海外投資をするならランキングで情報を集めよう!

ロシア・欧州の新興国の株の投信に注目が集まっています。

では、なぜこれらの国への投信に関心が高まっているのでしょうか。
また、dwsとはなんでしょう。

まずはじめにdwsは、フランクフルトをはじめモスクワやワルシャワにも調査拠点を有しています。

dwsは、新興国の株の運用についても投信会社ドイチェ・アセット・マネジメント・グループのグローバルなネットワークを最大限活用した充実した運用体制を備えている会社です。

欧州投信市場のパイオニアとして評価の高いdwsが運用を行う国内初のファンドであり、日本の投資家を皆様の新たな国際分散投資の機会として提供します。
dwsはドイツ銀行グループの一員です。運用資産額でドイツ最大、欧州でもトップクラスの信用信託会社です。

11年連続でベスト投信会社賞(ドイツ国内)を受賞しています。

そしてここが運用するdws ロシア・欧州新興国株投信は、主にロシア・欧州新興国(トルコ、ポーランド、ハンガリー、チェコ)の高成長を捉えた株の運用を実現に目指すものです。

ロシア・欧州新興国の株式市場や産業・企業を熟知した専門家チームで有望銘柄を発掘し、投資を行います。

ロシアは、世界有数の資源大国として、エネルギー需要拡大の恩恵を享受しています。1998年の金融危機を克服し、経済環境は改善傾向にあります。

欧州新興国は、EU(欧州連合)加盟や低賃金での質の高い労働力を背景に、外国からの直接投資が拡大しています。

ユーロ導入を目指した経済運営は株の投資環境の改善や市場の信任の向上をもたらすでしょう。

うーむ、勉強になりました!というあなたはランキングの1クリックをお願いいたします!


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。