ロシア株ETFに挑戦 ロシア株ファンドの投資信託で資産運用

ロシア株ETFに挑戦

ロシア株ETFをやってみようという場合、日本の証券会社でも投資をすることができます。

その際に、RTS連動型のロシア株のETFですと、約50社ある各企業の株価の連動と大きく乖離することがあります。

いわゆる外国株にかかるコスト高と考えてもらえばいいわけですが、ある程度は仕方のないことでしょう。

証券会社にしても、コストを安くすれば、どこかに偏りが出てしまうということです。

ですから、ロシア株ETFを購入という場合、安いコストのところを探すか日本では買わずに、海外の証券会社で購入という方法をとっている方もいます。

まだあまりの馴染みのないロシア株ETFですし、金融業界の低迷も響いていますから、すぐにはロシア株ETFに飛びつかず、じっくりと構えてみてはいかがでしょう。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。